頻出英語表現(9):最初と最後

プログラミング関連のドキュメントで頻出する英語表現を紹介します。とりわけAPIリファレンスやマニュアルでよく用いられる表現を取り上げます。


今回は「最初」と「最後」に関連する表現です。

▼ 最初

at the beginning of 〜

「〜の最初に」という意味です。よく用いられます。次の例文はメソッド解説の一文です。

  • Returns a character at the beginning of the string.
    • この文字列の最初にある文字を戻す。

at the start of 〜

上の「at the beginning of」と同じくらい頻繁に使われます。同じく「〜の最初に」を表します。例:

  • The Open button appears at the start of the toolbar.
    • ツールバーの最初に「開く」ボタンが表示されます。

上記2つはともに「at」という前置詞が使われてます。しかし状況によっては別の前置詞が適切になることもあります。たとえば「最初”から”」であれば「from the beginning of」ですし、「最初”に”」であれば「to the beginning of」のように前置詞を使い分けます。例:

  • Search will starts from the beginning of the file.
    • 検索はこのファイルの最初から開始される。
  • Adds an item to the beginning of the list.
    • このリストの最初に項目を追加。

▼ 最後

at the end of 〜

「〜の最後に」という意味です。非常によく用いられます。例:

  • Deletes a newline at the end of the file.
    • ファイルの最後にある改行を削除します。

「at the beginning of」や「at the start of」のときと同様、前置詞は文脈によって変更します。たとえば「最後”から”」であれば「from the end of」、「最後”に”」であれば「to the end of」です。

at the tail of 〜

tailは一般英語としては「しっぽ」という意味で、「最後尾」を指します。IT分野ではとりわけキュー(待ち行列)の最後を表すときに用いられます。ただし出現頻度はそれほど高くありません。

  • Inserts an element at the tail of this queue.
    • この待ち行列の最後に要素を挿入する。

▼ 関連表現

at the edge of 〜

「最初」や「最後」に関連する表現で、「〜の端に」という意味になります。例:

  • Specifies the color at the edge of an image.
    • 画像の端の色を指定する。

[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

頻出英語表現(8):最上部と最下部

プログラミング関連のドキュメントで頻出する英語表現を紹介します。とりわけAPIリファレンスやマニュアルでよく用いられる表現を取り上げます。


今回は「最上部」と「最下部」を示す表現です。

ウェブやアプリでは、画面の一番上や一番下にメニューやメッセージなどを配置したり表示したりすることがあります。そういった要素を指し示す際に用いられる表現です。

▼ 最上部

at the top of 〜

「〜の最上部に」という意味です。「〜」にはpage、window、screenといった名詞が入ります。例:

  • Click the logo at the top of the window.
    • ウィンドウ最上部にあるロゴをクリックします。

ここでは前置詞atを使っていますが、状況によってはat以外の前置詞も使います。最上部が起点となる場合はfrom、目的地の場合はto、付近の場合はnearなど、適切な前置詞を選びます。例:

  • The distance is measured from the top of the page.
    • 距離はページの最上部から測定されます。
  • Move the pointer to the top of the screen.
    • ポインターを画面の最上部に移動させます。

at the top right/left of 〜

最上部の左や右を指し示したいこともあります。その場合は「top right」や「top left」が使えます。ハイフンを付けて「top-right」と書かれることもあります。例:

  • Click the Close button at the top right of the dialog.
    • ダイアログ右上にある「閉じる」ボタンをクリックします。

ここで注意したいポイントがあります。日本語では「右上」や「左下」のように、左右→上下の順に書きます。一方で英語では「top right」や「bottom left」のように、上下→左右の順に書くという点です。

▼ 最下部

at the bottom of 〜

「〜の最下部に」という意味です。topのときと同様、「〜」にはpageなどの名詞が入ります。例:

  • Step 3. At the bottom of the left pane, click Edit.
    • 手順3. 左ペインの最下部で、「編集」をクリックします。

やはりtopと同じように、前置詞(from、to、nearなど)は状況に応じて適切なものを選択します。

at the bottom right/left of 〜

最下部の左右を示す場合も、topと同様に「bottom right」や「bottom left」が使えます。例:

  • To add a page, press the plus button (+) at the bottom left of the window.
    • ページを追加するには、ウィンドウの左下にあるプラスボタン(+)を押します。

▼ 関連表現

上方/下方

upper(形容詞:上方の)やlower(形容詞:下方の)という言葉も頻繁に用いられます。形容詞のため、名詞を修飾する形になります。例:

  • In the upper half of the pane, find your user ID.
    • ペインの上半分で、自分のユーザーIDを見つけます。

[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

英文スタイルガイド解説(14):UI要素の書き方5 ― 操作を表す動詞

Googleが公開している開発者向け英文スタイルガイドから項目を1つ取り上げて紹介します。スタイルガイドは基本的には書く際に利用されますが、読む際にも参考になります。

操作を表す動詞

URL: https://developers.google.com/style/ui-elements#verbs (2020-12-29閲覧)

UI上での操作を表す際に用いる動詞がいくつかあります。操作説明を読んだり書いたりするのに覚えておきたい言葉ばかりです。なおサンプル英文はGoogleのものです。

Click(クリックする)

clickは「他動詞」として用いることとされています。つまり、以下の例のように前置詞onは入れず、clickの直後に目的語(「OK」というラベル)を置きます。

  • ✕ Click on OK.
  • ◯ Click OK.

ただし、背面にあるウィンドウをクリックして前面に表示するような場合は前置詞inを入れて「Click in the window.」としてよいとされています。具体的な何かをクリックする(他動詞)というより、ウィンドウ枠内で単にクリック操作をする(自動詞)という捉え方のためでしょう。

また右クリック、左クリック、ダブル・クリックという動詞は、それぞれ「right-click」、「left-click」、「double-click」とハイフンでつなぐ形とします。

Drag(ドラッグする)

動詞dragを用いる際に「click and drag」や「drag and drop」という表現は使わないとしています。これは、dragという動詞自体に「マウス・ボタンをクリックしたまま移動させ、目的地でボタンを離す」という一連の動作が含意されており、「click and drag」や「drag and drop」では冗長だからだと思われます。

  • ◯ Drag the USER to the Authorized box.

ただし形容詞としての「drag-and-drop」は可です。

Enter、Type(入力する)

テキストの入力を示す際はどちらの動詞も使えます。

  • ◯ In the Owner box, enter your name.
  • ◯ In the Size box, type or select a font size.

特にtypeは名詞の「型」や「タイプ」と読み間違えることが多いので、注意しましょう。

Hold the pointer over(ポインターを〜の上に置く)

少しの間、マウスのポインターをアイコンなどの上に置いておく動作は、一般的に「ホバー」(hover)と呼ばれます。しかしGoogleスタイルガイドでは、このhoverではなく「hold the pointer over」という表現を使うとしています。理由は不明ですが、より具体的あるいは説明的だからかもしれません。

  • ◯ In the Admin menu, hold the pointer over File, and then click New.

Press(押す)

キーボードのキー(やその組み合わせ)を押す動作で使います。

  • ◯ Press Control+C (or Command+C on Mac).

上記例で、キー名はUIラベルと違ってボールド表記にしていない点に注意してください。キー名には等幅フォントを使い、HTMLでは<kbd>要素で囲みます(参考)。

Select(選択する)

メニューで項目を選ぶ際に使います。状況によっては「click」や「check」(チェックボックスの選択)という動詞の代わりに「select」を使ってもよいとしています。

  • ◯ Select File > New.
  • ◯ In the Font drop-down list, select Roboto.

なお同義語に「choose」がありますが、chooseはより日常語に近いと言えます。selectは特にメニューから選ぶ際に用いられます。


(ライセンス表示: Portions of this page are modifications based on work created and shared by Google and used according to terms described in the Creative Commons 4.0 Attribution License.)


[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

頻出英語表現(7):前と次

プログラミング関連のドキュメントで頻出する英語表現を紹介します。とりわけAPIリファレンスやマニュアルでよく用いられる表現を取り上げます。


今回は、順序を示す際に用いる「前」と「次」という表現です。APIリファレンスやマニュアルでは操作などの手順を示すことも多いため、ここで紹介する表現は頻出します。

▼ 前

previous

「前の」という意味の形容詞です。名詞を修飾し、「previous value」(前の値)、「previous versions」(以前のバージョン)、「previous step」(前のステップ)といった使い方をします。例:

  • As explained in the previous figure, multiple volumes can be attached to an instance.
    • 前の図で説明している通り、複数のボリュームが1つのインスタンスに接続できます。

ウェブページなどには「前」や「次」というボタンが用意されていることがあります。このとき「前」にはpreviousが用いられます。スペースが狭い場合は「Prev」と略して表記されるケースもあります(ただし、できれば略語の使用は避けた方がよい)。また、「前」ボタンの場合は「戻る」というニュアンスでbackが使われることもあります。

なおpreviousはプログラミング必須英単語600+の「ベーシック300」に入っています。

preceding

同じく「前の」という形容詞で、previousの同義語です。例:

  • Be sure to escape these characters with a preceding backslash.
    • 直前にバックスラッシュを使い、これらの文字をエスケープするようにします。

prior

これも同じく「前の」や「事前の」という形容詞です。最初の例文にあるように、契約書などの法的文書でもよく見かけます。また「prior to 〜」(〜に先立ち、〜より前)というイディオムでもよく登場します。例:

  • You cannot use the product without our prior written consent.
    • 当社からの書面による事前の同意がなければ、この製品は使えません。
    • ※ writtenは「書かれた」という意味から「書面」という日本語が用いられる
  • Prior to version 1.0, the default number was 100.
    • バージョン1.0の前は、デフォルト値は100でした。

▼次

next

「次の」という形容詞です。「隣の」という意味もあるので注意しましょう。

  • On the next page, press OK.
    • 次のページで「OK」を押します。

previousの項目でも説明したように、ウェブページの「次」ボタンのラベルにはnextがよく使われます。つまり「< Previous | Next >」や「< Back | Next >」という組み合わせです。

なおnextはプログラミング必須英単語600+の「前提英単語100」です。

subsequent

「次の」や「その後の」という意味の形容詞です。

  • All subsequent calls to this method have no effect.
    • このメソッドに対するその後のすべての呼び出しは、効果がありません。

following

「次の」や「後続の」という意味の形容詞です。「頻出英語表現(5):次の、以下の」で取り上げたように、後続する項目を指し示す際に用いられます。

  • To do this, use the following command:
    • これを実行するには、次のコマンドを使います:
    • ※ この後にコマンドが記載されている

followingはプログラミング必須英単語600+の「ベーシック300」です。


上記のうち、preceding、prior、subsequentはプログラミング必須英単語600+に入っておらず、一般英語としてもやや難易度が高い単語です。


[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

頻出英語表現(6):代わりに

プログラミング関連のドキュメントで頻出する英語表現を紹介します。とりわけAPIリファレンスやマニュアルでよく用いられる表現を取り上げます。


今回は「代わりに」という表現です。たとえば操作手順の説明で、(メインではないかもしれないが)別のやり方があると提示するときに使われます。

▼ alternatively

「代わりに」という意味の副詞です。文頭に置いて代替案を提示する際によく用いられます。例:

  • Alternatively, you can specify a user by name.
    • 代わりに、名前でユーザーを指定することもできます。

よく似た単語に「alternately」があります。これは「交互に」や「1つ置きに」という副詞なので、混同しないようにしましょう。

▼ alternative

上記alternativelyは副詞ですが、名詞または形容詞として「alternative」があります。

まず名詞は「代わり(のもの)」という意味です。「as an alternative (to 〜)」という形でよく登場し、「(〜の)代わりとして」という日本語になります。例:

  • As an alternative, you can use the JSON format.
    • 代わりとして、JSON形式を使用できます。
  • Consider using the split() method, as an alternative to this method.
    • このメソッドの代わりとして、split()メソッドの使用を検討します。
    • ※ 前置詞は「alternative to」とtoである点に注意。

次に、形容詞は「代わりの」や「別の」という意味です。形容詞であるため何らかの名詞を修飾します。例:

  • This class provides an alternative method to create an HTML file.
    • このクラスはHTMLファイルを作成する別の方法になります。

▼ その他の表現

「代わりに」を表す英語表現は他にもあります。一般的にはalternativelyよりも基本語とされる「instead」という副詞です。例:

  • Instead, call the function described below.
    • 代わりに、以下で説明する関数を呼びます。
  • For Linux, use the following command instead:
    • Linuxでは、代わりに次のコマンドを使います:
    • ※ insteadが文末に置かれるときは「, instead」のようなカンマを使わない実例が多い。

[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

英文スタイルガイド解説(13):UI要素の書き方4 ― キー操作

Googleが公開している開発者向け英文スタイルガイドから項目を1つ取り上げて紹介します。スタイルガイドは基本的には書く際に利用されますが、読む際にも参考になります。

キー操作

URL: https://developers.google.com/style/ui-elements#keyboard (2020-11-27閲覧)

開発者であれば、ちょっとした操作説明を英語で書く機会があります。操作説明におけるUI要素の書き方の第4回目で、今回はキーボードのキー操作を取り上げます(第1回2回3回)。なお英語例文はGoogleのものです。

等幅フォントを使う

ボタンなどのUI要素はボールドで囲む(例: Click Next.)のが基本です。

一方でキーボードのキーを表す場合は、等幅フォント(monospace)を使うとしています。HTMLの場合は「<kbd>」要素を使うことで等幅での表示が可能です。

  • ◯ Press Control+C.
    • 上記のHTML:Press <kbd>Control+C</kbd>.

キー名のみか、theとkeyを付けるか

キー名(たとえば「Esc」)を指す際は、以下のどちらの表記も使えます。

  • ◯ Press Esc.
  • ◯ Press the Esc key.

つまりキー名だけ、または、theとkeyも付けるか、という書き方です。

なお、なぜtheとkeyという形になるのかという理由は、記事「UI要素の書き方1」の「theを付けるか付けないか」セクションで説明しています。

キーの組み合わせ

複数のキーを一緒に押すときは「修飾キー+キー」で表記します。

  • ◯ Press Control+V.

さらにシフト・キーも押す場合も「+」で書き加えます。

  • ◯ Press Control+Shift+?.

もしキーが「.」や「+」などで読者が混乱しそうであればスペルアウト(例:period、plus)するとしています。

【補足】キーの英語表記サンプル

「Chrome DevTools」のキーボード・ショートカットがこちらのページにまとめられています。英語で書く際に悩みそうな表記をいくつかサンプルとして転載します。

英語表記サンプル説明
Control+Shift+Cコントロールとシフト
Command+Option+Jコマンドとオプション
Function+F1ファンクション
Escapeエスケープ。上の例では「Esc」とも
ReturnEnterReturnはMac、EnterはWindows
Control+.ピリオド。スペルアウトはされていない
UpDownLeftRight Arrow
(例:Press Shift+Up Arrow.)
上下左右の矢印
取得元: https://developers.google.com/web/tools/chrome-devtools/shortcuts (2020-11-27閲覧)

(ライセンス表示: Portions of this page are modifications based on work created and shared by Google and used according to terms described in the Creative Commons 4.0 Attribution License.)


[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

頻出英語表現(5):次の、以下の

プログラミング関連のドキュメントで頻出する英語表現を紹介します。とりわけAPIリファレンスやマニュアルでよく用いられる表現を取り上げます。


今回は「次の」や「以下の」という表現です。後続する項目などを指し示す際に用いる表現です。文末にコロン(:)を置く形がよく見られます。

▼ following

followingには形容詞と名詞があります。形容詞の場合は「次の◯◯」や「以下の◯◯」と、◯◯に入る名詞を修飾します。一方、名詞は「次のもの」や「以下のもの」という意味です。

形容詞の例

  • The following image shows how to connect your device to the Internet.
    • 次の画像は、お使いのデバイスをインターネットに接続する方法を示しています。
  • You can specify one of the following values:
    • 以下の値のうち1つを指定できます:

名詞の例

名詞の場合に特に注意したいのは、常に単数の形で使う(つまり「followings」としない)点です。

  • The following is an example of a JSON file.
    • 次はJSONファイルの一例です。
  • The following are the available methods:
    • 以下が利用可能なメソッドです:
    • ※ methodsの方に合わせて動詞がareになっている

動詞follow

followには動詞もあります。この場合は「as follows」という固定表現がよく見られます。例:

  • The commands you can use are as follows:
    • 使えるコマンドは以下の通りです:
  • You can also install the plugin as follows.
    • 次のようにプラグインをインストールすることもできます。

▼ belowを使う表現

following以外にも「below」を使って「次」や「以下」を表現することもあります。例:

  • Click the Save button, as shown below.
    • 次に示すように、「保存」ボタンをクリックします。
  • The arguments are listed below:
    • 以下に引数を一覧で表示します:

[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

頻出英語表現(4):◯◯に注意してください

プログラミング関連のドキュメントで頻出する英語表現を紹介します。とりわけAPIリファレンスやマニュアルでよく用いられる表現を取り上げます。


今回は「◯◯に注意(留意)してください」という表現です。気を付けてもらったり、重要な点を強調したりする場面で用いられます。

▼ Note that …

もっともよく見られる形です。noteは「注意する」や「留意する」という動詞です。また「…」の部分は主語と動詞(S+V)が必要になります。つまり「SがVである点に注意してください」という意味です。例:

  • Note that this option is only available if you are an admin.
    • このオプションはユーザーが管理者である場合にのみ利用可能である点に注意してください。
  • Note that the username is case-sensitive.
    • ユーザー名は大文字と小文字を区別することに注意してください。
    • ※ case-sensitiveは「大文字と小文字を区別する」という形容詞

語が追加された形

「Note that …」という形が基本ですが、前後に語が追加される形もあります。例:

  • Please note that we only support Android OS.
    • 弊社はAndroid OSのみをサポートしている点にご留意ください。
    • ※ pleaseを付けて丁寧さを加えることもできる
  • Also note that certain values may cause errors.
    • 一部の値はエラーを発生させうる点にもご注意ください。
    • ※「Note also that」の順になることもある

▼ 同じ構造で似た表現

構造的には「Note that」と同じで、かつ意味的にも似た表現がいくつかあります。

Remember that …

重要な点を覚えておいて欲しいときに使えます。rememberは「覚えておく」や「心に留めておく」という動詞です。例:

  • Remember that you can uninstall this plugin.
    • このプラグインはアンインストールできる点を覚えておいてください。

Keep in mind that …

rememberと同様、重要な点を「覚えておいてください」というニュアンスです。例:

  • Keep in mind that you cannot undo this operation.
    • この操作は元に戻せない点を覚えておいてください。
    • ※ keepの代わりにbearが用いられることもある

[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

英文スタイルガイド解説(12):UI要素の書き方3 ― チェックボックスなど

本記事は「プログラミング英語検定ニュースレター #12」(2020年10月30日発行)からの一部抜粋です。同ニュースレターでは、検定のクーポン情報や英語解説などを定期的に発信しています。登録はこちらから。

Googleが公開している開発者向け英文スタイルガイドから項目を1つ取り上げて紹介します。スタイルガイドは基本的には書く際に利用されますが、読む際にも参考になります。

テキスト・ボックス、チェックボックス、ラジオボタンなど

URL:https://developers.google.com/style/ui-elements#ui-terms (2020-10-29閲覧)

開発者であれば、ちょっとした操作説明を英語で書く機会があります。今回は、操作説明におけるUI要素の書き方の3回目です(第1回2回)。なお英語例文はGoogleのものです。

テキスト・ボックス(text box)

ユーザーが入力できるUIです。それ自体は「text box」ですが、例文のように「the ◯◯ box」と表現するとしています。動詞は「enter」(入力する)がよく用いられます。

  • ◯: In the Owner box, enter your name.

リスト・ボックス(list box)

項目をリストで表示するUIです。ドロップダウン式の場合、「the ◯◯ drop-down list」と表現するとしています。この場合の動詞は「select」(選択する)です。

  • ◯: In the Item drop-down list, select Desktop.

コンボ・ボックス(combo box)

テキスト・ボックスとリスト・ボックスが組み合わさったUIです。「the ◯◯ box」と表現します。動詞は「type or select」または「enter」を使うとしています。なおtypeは「(キーボードで)入力する」という意味です。名詞の「型」や「タイプ」ではないので注意しましょう。

  • ◯:  In the Font box, type or select the font you want to use.

チェックボックス(checkbox)

チェックボックスは「checkbox」と1語であり、「check box」と2語ではない点に注意してください。

また、チェックボックスにチェックを入れる(オンにする)と表現する場合、動詞は「check」よりも「select」を使うとしています。またオフにするのは「clear」という動詞を使います。

  • ◯: Select the Automatically check for updates checkbox.
  • ◯: Clear the Bookmarks checkbox.

なお、オフでは「deselect」や「uncheck」という動詞も候補になりますが、これらも使わないとしています。

ラジオボタン(radio button)

ラジオボタンの選択肢を表現する場合、例文のようにラベルをそのまま書くとしています(「the ◯◯ radio button」のようにはしない)。

  • ◯: Click Do not remember passwords.

トグル(toggle)

オンとオフを切り替えるUIです。toggleという英単語は名詞としてUI自体を指しますが、「切り替える」という動詞でもあります。以下の1つ目の例文が動詞、2つ目が名詞です。

  • ◯: You can toggle Magic Mode in the Settings window.
  • ◯: To enable, click the Wi-Fi toggle.

(ライセンス表示: Portions of this page are modifications based on work created and shared by Google and used according to terms described in the Creative Commons 4.0 Attribution License.)


[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter

頻出英語表現(3):たとえば

プログラミング関連のドキュメントで頻出する英語表現を紹介します。とりわけAPIリファレンスやマニュアルでよく用いられる表現を取り上げます。


今回は「たとえば」と例示をする際の表現です。

▼ such as

何かしら名詞を提示した後に、具体的な例として出す際に使われます。例:

  • You need devices such as PCs, tablets, and smartphones.
    • たとえばPC、タブレット、およびスマートフォンといったデバイスが必要です。

なお、such asのあとに例を複数列挙する場合、andなのかorなのか迷うことがあります。辞書や文法書に使い分けが明示されていることはあまりなく、確立したルールはなさそうです。ただ、コーパス(言語資料)で使用傾向を見ると、上記例のように「devices」と名詞複数形の場合には「and」、単数形の場合には「… a device such as a PC, a tablet, or a smartphone」と「or」を使うケースが目に付くように感じます。

such as以外

上記「such as」が最も多く出現するのですが、同じように使われる言葉もあります。likeincludinge.g.です。例:

  • Components like buttons and fields
    • ボタンやフィールドのようなコンポーネント
    • ※この場合のlikeは前置詞の扱い
  • All assets, including audios, videos, and images will be downloaded.
    • オーディオ、ビデオ、画像を含むすべてのアセットがダウンロードされます。
    • ※この場合のincludingは前置詞の扱い
  • Month must be two digits (e.g., 09)
    • 月は2桁でなければならない(たとえば、09)
    • ※ラテン語のexempli gratiaの略

▼ for example

文頭で「たとえば、〜」と書く場合、「For example, …」がよく用いられます。例:

  • For example, you can create another account.
    • たとえば、別のアカウントを作成できます。

「for example」と似たような使い方ができるのが「for instance」です。「for example」を基本で使いつつ、マニュアルなどを書く際に表現が単調になるのを避けるのに使えます。例:

  • For instance, the username or the password is invalid.
    • たとえば、ユーザー名かパスワードが無効です。

[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter