HTMLタグで覚える英単語(7):p、pre、q、s、samp、small

プログラミングをしているとHTMLに触れる機会はよくあります。そういったHTMLタグ(<b>など)の名前から英単語を覚えてみましょう。

記事の英語難易度は「初〜中級」です。


今回はテキスト関連の4回目です。p、pre、q、s、samp、smallを取り上げます。

<p>

<p>は「paragraph」のことです。

paragraphは「段落」や「パラグラフ」という名詞です。

語源的にはparaは「近くに」、graphは「書かれたもの」です。昔、文書内で新しい段落が始まるとき、脇に印を付けていたようです。その印がparagraphだったのですが、段落自体もparagraphと呼ばれます。

なおプログラミング必須英単語600+のベーシック300に入っている「graphic」(名詞:グラフィック、画像)の語源も、同じくgraph(書かれたもの、描かれたもの)です。

次の例のように、通常はパラグラフ同士は分離されて表示されます。

▼ HTMLのサンプル

<p>こんな夢を見た。</p><p>腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。</p>

▼ 実際の表示

こんな夢を見た。

腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。

<pre>

<pre>は「preformatted text」のことです。

textは「テキスト」ですが、一般的な辞書に「preformatted」は掲載されていません。preとformattedからできている言葉です。

preは「事前の」という接頭辞、formattedは「書式設定する」や「整形する」という動詞formatの過去分詞形です。つまり「事前に書式設定された」や「事前に整形された」の意味です。「整形済み」という訳語がよく用いられます。

なおformatはベーシック300に入っており、名詞で「フォーマット、書式、形式」、動詞は前述のように「初期化する、書式設定する」です。

pre要素内のテキストは、例えば改行や半角スペースが入っているとそのまま表示されます。事前に書式設定されていると解釈されるので、そのまま表示されるわけです。下記のサンプルでは文頭の半角スペースも改行もそのままです。

▼ HTMLのサンプル

<pre>一つ家に

    遊女も寝たり

        萩と月</pre>

▼ 実際の表示

一つ家に

    遊女も寝たり

        萩と月

<q>

<q>は「quotation」です。

quotationは「引用」という名詞です。以前に紹介した「blockquote」はブロックなので区画全体が引用の対象ですが、このq要素はインラインで(p要素などの中で)使います。自動で引用符で囲まれます。

なお名詞のquoteも「引用」ですが、quotationの方がフォーマルです。

▼ HTMLのサンプル

<p>白鯨は、<q>Call me Ishmael.</q>という一文から始まる。</p>

▼ 実際の表示

白鯨は、「Call me Ishmael.」という一文から始まる。

(※ 今回はかぎカッコを手入力しています)

<s>

<s>は「strikethrough」です。

「strikethrough」は「取り消し線」という名詞です。一般的な英和辞書には掲載されていないこともあり、専門用語に近いでしょう。

「取り消し線」の名前の通り、s要素内のテキストには横に線が引かれた状態になります。誤った情報などに対して用います。

▼ HTMLのサンプル

<p>江戸時代は、<s>1600年</s>1603年に始まった。</p>

▼ 実際の表示

江戸時代は、1600年1603年に始まった。

<samp>

<samp>は「sample」です。

sampleは「実例」や「サンプル」という名詞です。動詞の場合は「標本抽出する」や「サンプリングする」もあります。

samp要素はソフトウェアから出力された実例(サンプル)に用います。通常は等幅フォントで表示されます。

▼ HTMLのサンプル

<p>画面にこのメッセージが表示されました。</p><p><samp>Unable to continue. Error 21</samp></p>

▼ 実際の表示

画面にこのメッセージが表示されました。

Unable to continue. Error 21

<small>

smallはそのまま「small」です。

ただしsmallは「小さい」という見た目を表しているため、HTML5からは「side comment」、つまり「脇のコメント」という意味合いに変わっています(見た目はスタイルシートで指定するという考え方)。

例えば著作権やライセンス情報を表示するのに用いられ、一般的には1サイズ小さいフォントで表示されます。

▼ HTMLのサンプル

<p>以上が今回の記事です。</p>
<p><small>Copyright © 西野竜太郎</small></p>

▼ 実際の表示

以上が今回の記事です。

Copyright © 西野竜太郎

英単語まとめ

  • paragraph【名詞】段落、パラグラフ
    • graphは「書かれたもの」の意味
  • preformatted【形容詞】整形済みの
    • formatは「初期化する、書式設定する」という動詞でベーシック300
  • quotation【名詞】引用
    • quoteも名詞で「引用」だが、quotationの方がフォーマル
  • strikethrough【名詞】取り消し線
  • sample【名詞】実例、サンプル
    • 動詞は「標本抽出する」や「サンプリングする」も
  • small【形容詞】小さい

[筆者紹介]

西野 竜太郎

Ryutaro Nishino

翻訳者/ソフトウェア開発者

訳書に「血と汗とピクセル」、「リセットを押せ」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。
産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)、東京工業大学大学院博士課程単位取得(専門は言語学)。TOEIC 985点。
東京通信大学外部講師。

リンク:ウェブサイトTwitter

Profile Picture