アドバンスト試験

難易度

  • プログラミングで求められるやや応用的な英語
  • 一般的な英語力で、高校卒業以上程度(英検2級〜準1級程度)を想定

配点

合計51問で150点満点

※ベータ版は合計点数、問題数ともに半分程度

カテゴリ問題内容問題数1問点数小計カテゴリ計
1. 語彙A. 英単語の意味を答える問題1523060
B. 日本語に対応する英単語を答える問題8216
C. 英文中で抜けている単語を答える問題7214
2. 読解/文法A. 文の意味内容を答える問題832460
B. 長文の意味内容を答える問題4624
C. 英語文章で抜けている複数の単語を答える問題34×112
3. 英作文A. 英単語を選択して並べて文を作る問題46×12430
B. 適切な命名を答える問題236
合計:51150

試験時間

60分

※ベータ版は30分

合否水準

150点満点中90点(60%)

※ベータ版の実績を踏まえて調整予定

受験料

未定

※ベータ版は無料

問題サンプル

※ベータ版からの抜粋です。

1-A.

APIリファレンスに次の記述があった。下線の英語に対応する日本語として最も適切なのはどれか?

maxNum()

Calculates the maximum number.

  • 除外する
  • 計算する
  • 最小化する
  • 拡大する

2-A.

開発ツールの画面に次のエラー・メッセージが表示された。これと内容が合致するのはどれか?

Unable to move to the declaration of this variable.

  • この変数を移動させる操作ができない。
  • この変数を移動したら処理が止まった。
  • この変数の利用部分に移動できない。
  • この変数の宣言部分に移動できない。

3-A.

ソースコードのコメントを英語で書きたい。日本語に合うよう、(ア)〜(カ)で候補から英単語を選んで英文を作れ。ただし文頭に入る語も小文字としてある。

// ここで必ずエラー・メッセージを表示すること

// (ア) (イ) to (ウ) (エ) (オ) (カ) here

候補:a、an、be、display、error、forget、message、sure