英文スタイルガイド解説(6):数の書き方1

本記事は「プログラミング英語検定ニュースレター #6」(2020年4月30日発行)からの一部抜粋です。同ニュースレターでは、検定の最新情報や英語解説を定期的に発信しています。登録はこちらから。


Googleが公開している開発者向け英文スタイルガイドから項目を1つ取り上げて紹介します。スタイルガイドは基本的には書く際に利用されますが、読む際にも参考になります。

数の書き方(1)

URL:https://developers.google.com/style/numbers (アクセス:2020-04-29)

日本語でも、たとえば「二進法」なのか「2進法」なのか、数の書き方で悩むことがあります。今回は英語で書く際、スペルアウトするケースと、数字を使うケースとについて取り上げます。なお「◯」はGoogleが挙げる良い例です。

スペルアウトするケース

一般的に、次のケースではスペルアウトします(つづりで書く)。

  • 0〜9の数
    • 例:zero、one、five、nine
    • ◯ four options、five minutes、nine developers
    • ただし後述の「数字を使うケース」に挙げる例外は除く(例:バージョン番号の「version 3」)
  • 文の先頭の数
    • ◯ Fifteen directories are created.
      • → 「15」ではなく「fifteen」
      • 数字を文の先頭に置かないよう、構文を変える工夫が必要なことも
  • 数字が後に続く数
    • ◯ This procedure creates fifteen 100,000-byte files.
    • → 「15」ではなく「fifteen」
  • 大まかな数
    • ◯ You can specify thousands of combinations.
    • → 「1000」ではなく「thousand」

数字を使うケース

一般的に、次のケースでは数字を使います。

  • 10以上の数
    • 例:10、11、256
    • ※ ただし以下は10未満でも常に数字を使う。
      • バージョン番号(◯ version 3)
      • 技術関連の数値(例:メモリー容量、クエリー数)
      • ページ番号
      • 章や節などの番号
      • 価格
      • 単位が付かない数(例:数式中の数)
  • 10以上の数が登場する文で使われる、10未満の数
    • ◯  The menu contains 15 options but 6 of them are disabled.
      • → 「15」があるので「six」ではなく「6」。つまりスペルアウトを混ぜない
  • 負数
  • 分数(ほとんどの場合)
  • パーセンテージ
  • 寸法
    • ◯ 192×192
  • 小数
    • ◯ 0.3 inch
  • 範囲
    • ◯ 2012-2016

かなり細かいルールもありますが、少なくとも「0〜9はスペルアウトすることがある」という点は覚えておきたいところです。

(ライセンス表示: Portions of this page are modifications based on work created and shared by Google and used according to terms described in the Creative Commons 4.0 Attribution License.)