頻出英語表現(22):「a 〜 of」を使った集まりの表現

プログラミング関連のドキュメントで頻出する英語表現を紹介します。とりわけAPIリファレンスやマニュアルでよく用いられる表現を取り上げます。記事の英語難易度は「初級〜中級」です。

「a 〜 of」を使った集まりの頻出表現

プログラミングでは何かしらの要素をまとめて扱うことがあるため、その要素の集まりを示す表現が登場します。今回は「a list of」など、「a (an) 〜 of」を使った集まりの頻出表現を取り上げます。

an array of

arrayは「配列」という名詞で、プログラミング必須英単語600+でベーシック300に入っている単語です。「an array of 〜」は「〜の配列」の意味になります。

例:

  • The argument must be an array of integers.
    • 訳:引数は整数の配列でなければならない。
    • integerは「整数」という名詞でベーシック300

a collection of

collectionは「コレクション、収集」という名詞で、ベーシック300の単語です。「集まり」の意味もあり、「a collection of 〜」で「〜の集まり、〜のコレクション」を表します。

例:

  • The app comes with a collection of effects.
    • 訳:このアプリには、エフェクトのコレクションが付属しています。
    • 「come with 〜」で「〜が付属」の意味

a combination of

combinationは「組み合わせ」という名詞です。そのため、「a combination of 〜」で「〜の組み合わせ」の意味になります。

例:

  • Your password must be a combination of upper and lower case letters.
    • 訳:パスワードは、大文字と小文字の組み合わせでなければなりません。
    • upper case letterで大文字、lower case letterで小文字のこと

a group of

groupは「グループ」という名詞で、前提英単語100に入っている単語です。「a group of 〜」で「〜のグループ」を表します。

例:

  • Use this feature to control a group of UI elements collectively.
    • 訳:UI要素を一括して制御するには、この機能を使います。
    • collectivelyは「一括して」や「まとめて」という副詞

a list of

listは「リスト」という名詞または「一覧表示する」という動詞で、前提英単語100に入っています。「a list of 〜」で「〜のリスト」の意味です。

例:

  • Prints a list of all devices.
    • 訳:すべてのデバイスのリストを出力。
    • printは「印刷する、出力する」いう動詞でベーシック300

a pair of

pairは「ひと組、ペア」という名詞です。2つから成る組を表す点に注意が必要です。「a pair of 〜」で「〜のペア」です。

例:

  • Each point is a pair of x and y coordinates.
    • 訳:各点はx座標とy座標のペアを表します。
    • coordinateは「座標」という名詞でアドバンスト300

a sequence of

sequenceは「シーケンス」という名詞で、アドバンスト300の英単語です。「連続」、「一連のもの」、「列」といった意味です。「a sequence of」で「〜のシーケンス」や「〜列」などを表します。

例:

  • Writes a sequence of bytes to the stream.
    • 訳:ストリームにバイト列を書き込む。

a series of

seriesは「ひと続き、シリーズ」という名詞です。注意したいのは、sが付いて複数の形をしていますが単数扱いである点です。「a series of」で「ひと続きの〜、一連の〜」の意味になります。

例:

  • Transmits a series of images over a network connection.
    • 訳:ネットワーク接続を使って一連の画像を転送する。
    • transmitは「転送する、送信する」という動詞

a set of

setは「セット、一式」という名詞です。動詞は「設定する」で、こちらは前提英単語100に入っています。「a set of」で「〜のセット」の意味になります。

例:

  • This function removes elements according to a set of rules.
    • この関数はルールのセットに基づいて要素を削除します。

a subset of

subsetは「サブセット、部分集合」という名詞です。全体の一部という意味です。つまり「a subset of」で「〜のサブセット」を表します。

例:

  • Returns a subset of the table as an array.
    • テーブルのサブセットを配列として戻す。

[筆者紹介]

西野 竜太郎

Ryutaro Nishino

翻訳者/ソフトウェア開発者

訳書に「血と汗とピクセル」、「リセットを押せ」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。
産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)、東京工業大学大学院博士課程単位取得(専門は言語学)。TOEIC 985点。
東京通信大学外部講師。

リンク:ウェブサイトTwitter

Profile Picture