HTMLタグで覚える英単語(8):strong、sub、sup、u、var、wbr

プログラミングをしているとHTMLに触れる機会はよくあります。そういったHTMLタグ(<b>など)の名前から英単語を覚えてみましょう。

記事の英語難易度は「初〜中級」です。


今回はテキスト関連で最後となる5回目です。strong、sub、sup、u、var、wbrを取り上げます。

<strong>

<strong>は文字通り「strong」、つまり「強い」です。HTML4までは「strong emphasis」のことでした。強めの強調(emphasis)です。

HTML5からは見た目ではなく、「重要」、「深刻」、または「緊急」の意味を示す際に使うとされています。

一般的なブラウザーではボールドで表示されます。

▼ HTMLのサンプル

<p>この星には凶暴なモンスターがいる。<strong>着陸してはいけない。</strong></p>

▼ 実際の表示

この星には凶暴なモンスターがいる。着陸してはいけない。

<sub>

<sub>は「subscript」のことです。

subscriptは名詞で「下付き文字」の意味です。化学式などに使われます。

語源で言うと、まずsubは「下に」です。例えばsubway(地下鉄)のsubと同じです。またscriptは「書かれたもの」です。例えばmanuscriptは「原稿」の意味ですが、manuは「手」(manualにも)なので、手で書かれたもの、つまりは原稿となります。

なお、よく似た単語に「subscribe」(動詞:定期購読する、申し込む)や「subscription」(名詞:定期購読、サブスクリプション)があります。これも元々の語源は同じで、「(書類の)下部に(サインを)書く」という意味です。つまり、書類にサインすることで申し込んだり契約に同意したりするわけです。

▼ HTMLのサンプル

<p>水は「H<sub>2</sub>O」で示される。</p>

▼ 実際の表示

水は「H2O」で示される。

<sup>

<sup>は「superscript」のことです。

superscriptは名詞で「上付き文字」です。指数などに使われます。上記「subscript」の反対です。

語源は、superは「上に」です。scriptは前述のように「書かれたもの」の意味です。

▼ HTMLのサンプル

<p>5<sup>2</sup> = 25</p>

▼ 実際の表示

52 = 25

<u>

<u>はHTML4までは「underline」のことです。

underlineは「下線を引く」や「強調する」という動詞、または「下線」という名詞です。

HTML5以降は下線などの見た目はスタイルシートで指定する考え方になったため、<u>がunderlineの意味だったのはHTML4までです。ただしブラウザーでは一般的に下線で表示されます。

▼ HTMLのサンプル

<p>同音異義語の間違いの可能性があります: これは<u>用意</u>に解決できる。</p>

▼ 実際の表示

同音異義語の間違いの可能性があります: これは用意に解決できる。

<var>

<var>は「variable」です。

variableは「変数」という名詞です。プログラミング必須英単語600+で「ベーシック300」に入っています。

また「var」自体もvariableの略語、「vars」もvariablesの略語として、プログラミング必須英単語600+の「略語70」に掲載されています。プログラミングをしているとよく見かける略語なので覚えておきたいところです。

HTMLでも数式やプログラムの変数を示すのに使われます。ブラウザーでは一般的にイタリックで表示されます。

▼ HTMLのサンプル

<p>長方形の面積は、<var>w</var>×<var>h</var>で求められる。<var>w</var>は横の長さで、<var>h</var>は縦の長さだ。</p>

▼ 実際の表示

長方形の面積は、w×hで求められる。wは横の長さで、hは縦の長さだ。

wbr>

<wbr>は「word break」のことです。

wordは「語」や「単語」という名詞、breakは「中断」という名詞です。

単語やURLなどが長くてスペースに収まらない場合、中断(改行)が可能な場所を示すのに使われるタグです。

▼ HTMLのサンプル

<p>URLはこちらです:https://www.example.com<wbr>/japan<wbr>/kanto<wbr>/tokyo<wbr>/chuoku<wbr>/nihonbashioodenmacho</p>

▼ 実際の表示

URLはこちらです:https://www.example.com/japan/kanto/tokyo/chuoku/nihonbashioodenmacho

英単語まとめ

  • subscript【名詞】下付き文字
    • 語源:subは「下に」、scriptは「書かれたもの」
    • 似た単語の「subscribe」は「定期購読する、申し込む」という動詞、「subscription」は「定期購読、サブスクリプション」という名詞
  • superscript【名詞】上付き文字
    • 語源:superは「上に」、scriptは「書かれたもの」
  • underline【動詞/名詞】下線を引く/下線
  • variable【名詞】変数
    • プログラミング必須英単語600+のベーシック300
    • 略語:「var」、複数形は「vars」。いずれもプログラミング必須英単語600+の略語70
  • word【名詞】語、単語
  • break【名詞】中断

[筆者紹介]

西野 竜太郎

Ryutaro Nishino

翻訳者/ソフトウェア開発者

訳書に「血と汗とピクセル」、「リセットを押せ」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。
産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)、東京工業大学大学院博士課程単位取得(専門は言語学)。TOEIC 985点。
東京通信大学外部講師。

リンク:ウェブサイトTwitter

Profile Picture