予約語で覚える英単語:false、final、finally、fixed、float

プログラミングをしていて必ず目にするのが予約語やキーワードです。そういった予約語やキーワードから英単語を覚えてみましょう。記事の英語難易度は「初〜中級」です。

今回はfalseやfinalなどFで始まる単語の1回目です。

false

falseは「誤りの、偽の」という形容詞です。プログラミング必須英単語600+で前提英単語100に入っています。

対義語はtrueで「正しい、真の」という形容詞です。こちらも前提英単語100の単語です。

多くのプログラミング言語でブール値としてfalse(とtrue)が用いられています。下記サンプルのJavaScriptでは、変数valueの値がfalseであれば「Falseです」と表示します。

サンプル(JavaScript)

const value = false;
if(value == false) {
    console.log("Falseです")
} else {
    console.log("Falseではありません")
}

使うプログラミング言語の例

C#、JavaScript、PHP、Ruby

final

finalは「最終の」という形容詞です。プログラミング必須英単語600+で前提英単語100の英単語です。

Java言語ではfinal修飾子をクラス、メソッド、変数に付けられます。クラスに付けた場合、そのクラスを継承できなくなります(つまり最終となる)。サンプルでは、2行目のColoredPointクラスがfinalであるため、それを継承(extends)しようとする3行目でエラーが発生します。

サンプル(Java)

class Point { int x, y; }
final class ColoredPoint extends Point { int color; }
class Colored3DPoint extends ColoredPoint { int z; }  // error

(出典:https://docs.oracle.com/javase/specs/jls/se21/html/jls-8.html、2024-01-04参照)

使うプログラミング言語の例

Java、PHP

finally

finallyは「最終的に、ついに」という副詞です。上記のfinalが形容詞、このfinallyが副詞となります。

Python言語では例外処理で用いられます。tryやexceptの後で、最終的に実行する処理がfinally内に記述されます。下記サンプルでは、割り算をtryブロック内で確認し、ゼロ除算があればエラー、なければ計算結果を表示します。その後、どちらであっても最終的にfinallyブロックで「終わりました」と表示します。

サンプル(Python)

num = 5
den = 3
try:
    ans = num / den
except ZeroDivisionError:
    print(f"ゼロ除算です") 
else:
    print(f"計算結果:{ans}")
finally:
    print("終わりました")   

使うプログラミング言語の例

C#、Java、JavaScript、PHP、Python

fixed

fixedは、動詞fixの過去分詞形(またはfixedという形容詞)です。動詞fixは「修正する、解決する、固定する」の意味で、ベーシック300の英単語です。

下記サンプルのように、C#では変数のポインターを固定するのにfixedが使われます。つまり、ここでは「修正する」や「解決する」ではなく「固定する」の意味になります。

サンプル(C#)

byte[] bytes = [1, 2, 3];
fixed (byte* pointerToFirst = bytes)

(出典:https://learn.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/language-reference/statements/fixed、2024-01-04参照)

使うプログラミング言語の例

C#

float

floatは「浮動小数点数」という名詞です。ただし辞書に掲載されていないことも多く、一般的には「floating-point number」で浮動小数点数の意味になります。

下記のPHP言語のサンプルでは、「10.00000」という文字列をfloat型にキャストしています。

サンプル(PHP)

$my_num = "10.00000";
$my_float = (float)$my_num;
echo $my_float;

使うプログラミング言語の例

C#、Java、PHP

英単語まとめ

  • false【形容詞】誤りの、偽の
    • 前提英単語100
    • 対義語true(正しい、真の)
  • final【形容詞】最終の
    • 前提英単語100
  • finally【副詞】最終的に、ついに
    • 関連語にfinal
  • fix【動詞】修正する、解決する、固定する
    • ベーシック300
  • float【名詞】浮動小数点数
    • 一般的には「floating-point number」で浮動小数点数

[筆者紹介]

西野 竜太郎

Ryutaro Nishino

翻訳者/情報技術者/IT英語専門家

訳書に『血と汗とピクセル』、『リセットを押せ』、著書に『アプリケーションをつくる英語』(第4回ブクログ大賞)、『ITエンジニアのための英語リーディング』、『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』、『アプリ翻訳実践入門』など。
産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)、東京工業大学大学院博士課程単位取得(専門は言語学)。TOEIC 985点。応用情報技術者、情報処理安全確保支援士試験合格。
東京通信大学外部講師。

リンク:ウェブサイトTwitter

Profile Picture