予約語で覚える英単語:function、global、implements、implicit、import

プログラミングをしていて必ず目にするのが予約語やキーワードです。そういった予約語やキーワードから英単語を覚えてみましょう。記事の英語難易度は「初〜中級」です。

今回はF〜Gで始まる英単語です。

function

functionは「機能」や「関数」という名詞です。プログラミング必須英単語600+でベーシック300に入っています。また略語の「fn」が略語70に入っています。

プログラミングの文脈では「関数」の意味で使われることが多いですが、ソフトウェアなどの「機能」を指すこともあるので、文脈に応じた判断が必要です。

下記のJavaScriptサンプルでは、関数の定義に「function」が使われています。定義した関数multiplyはその後に実行されています。

サンプル(JavaScript)

function multiply(a, b) {
    return a * b;
}

let answer = multiply(3, 4);

console.log("答え:" + answer);

使うプログラミング言語の例

JavaScript、PHP

global

globalは「グローバルな、大域の」という形容詞です。プログラミング必須英単語600+でベーシック300に入っている単語です。

対義語はlocalで「ローカルの、局所の」という形容詞です。こちらもベーシック300の英単語です。セットで覚えておきたいところです。

下記のPHPのサンプルでは、変数aをグローバル変数にしています。この結果、グローバル変数に「Hello」の文字列が入力されて表示されます(globalを付けないと「Hi」と表示)。

サンプル(PHP)

$a = "Hi";

function hello(){
    global $a;
    $a = "Hello";
}

hello();
echo $a;

使うプログラミング言語の例

PHP、Python

implements

implementsは「implement」に三人称単数現在のsが付いた形です。implementは「実装する」という動詞で、アドバンスト300に入っています。なお、名詞の「implementation」(実装)も同じくアドバンスト300です。

下記のJavaサンプルでは、RelatableインターフェイスをRectanglePlusクラスが実装しています。

サンプル(Java)

public interface Relatable {
    <中略>
    public int isLargerThan(Relatable other);
}

public class RectanglePlus implements Relatable {
    <中略>
    public int isLargerThan(Relatable other) {
        RectanglePlus otherRect 
            = (RectanglePlus)other;
        if (this.getArea() < otherRect.getArea())
            return -1;
        else if (this.getArea() > otherRect.getArea())
            return 1;
        else
            return 0;               
    }
}

(一部分を抜粋して次から引用:https://docs.oracle.com/javase/tutorial/java/IandI/usinginterface.html、2023-02-05参照)

使うプログラミング言語の例

Java、JavaScript、PHP

implicit

implicitは「暗黙の」という形容詞です。対義語は「explicit」で、こちらは「明示的な」という形容詞です。

下記サンプルのC#では、暗黙的な型変換で用いられます。黄色の下線部分です。なお青色の下線にあるように、explicitもキーワードになっています(明示的な型変換)。

サンプル(C#)

public static implicit operator byte(Digit d) => d.digit;
public static explicit operator Digit(byte b) => new Digit(b);

(出典:https://learn.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/language-reference/operators/user-defined-conversion-operators、2024-02-02参照)

使うプログラミング言語の例

C#

import

importは「インポート」という名詞、または「インポートする」という動詞です。プログラミング必須英単語600+でベーシック300の英単語です。

対義語は「export」で、「エクスポート」という名詞、または「エクスポートする」という動詞です。同じくベーシック300です。

なお、先ほどのimplicitとexplicitと同じく、importとexportは接頭辞が「im-」(in-と同じ)と「ex-」です。それぞれ「中」と「外」の意味なので、対で覚えておくと便利です。

下記Pythonのサンプルでは「datetime」モジュールをインポートして使っています。

サンプル(Python)

import datetime

print(datetime.datetime.now())

使うプログラミング言語の例

Java、JavaScript、Python

英単語まとめ

  • function【名詞】機能、関数
    • ベーシック300
  • global【形容詞】グローバルな、大域の
    • ベーシック300
    • 対義語はlocalで「ローカルの、局所の」
  • implement【動詞】実装する
    • アドバンスト300
    • 名詞は「implementation」(実装)で同じくアドバンスト300
  • implicit【形容詞】暗黙の
    • 対義語はexplicitで「明示的な」
  • import【名詞】インポート/【動詞】インポートする
    • ベーシック300
    • 対義語はexportで、「エクスポート」または「エクスポートする」

[筆者紹介]

西野 竜太郎

Ryutaro Nishino

翻訳者/情報技術者/IT英語専門家

訳書に『血と汗とピクセル』、『リセットを押せ』、著書に『アプリケーションをつくる英語』(第4回ブクログ大賞)、『ITエンジニアのための英語リーディング』、『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』、『アプリ翻訳実践入門』など。
産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)、東京工業大学大学院博士課程単位取得(専門は言語学)。TOEIC 985点。応用情報技術者、情報処理安全確保支援士試験合格。
東京通信大学外部講師。

リンク:ウェブサイトTwitter

Profile Picture