英語テキスト内に含まれる英単語を分析できます。

テキスト全体の語彙難易度を推測したり、頻出英単語を確認したりできるので、リーディング前に使用すると効果的です。

使い方

  1. 分析対象のテキストをフィールドに入力します。
  2. 必要な場合、オプションを指定します。
  3. 「実行」ボタンを押します。

現在の制限事項

  • 1回に処理できるワード数は2,000まで
  • 同一IPアドレスから実行できる回数は1日に10回まで
    • 学校など、同一IPアドレスから何度も利用したい場合はお問い合わせください。

表示される結果

結果として「統計情報」と「英単語一覧」が表示されます。

A. 統計情報

テキスト中の単語が語彙リストの各レベルに含まれる割合を表示します。テキスト全体の大まかな語彙難易度を推測できます。

語彙リストとして「CEFR-J Wordlist」と「プログラミング必須英単語600+」を使用しています。

【表示例】

CEFR-J Wordlist

東京外国語大学投野由紀夫研究室で提供している語彙リストです(ウェブサイト)。

各レベルの学校教育における相当レベルは次のようになっています。

  • A1:小学校~中学1年程度
  • A2:中学2年~高校1年程度
  • B1:高校2年〜大学受験レベル
  • B2:大学受験~大学教養レベル

【引用】『CEFR-J Wordlist Version 1.6』 東京外国語大学投野由紀夫研究室. (URL: http://www.cefr-j.org より2022年6月ダウンロード)

プログラミング必須英単語600+

本検定で提供している語彙リストです。プログラミングに関連した語彙を対象としており、下記のカテゴリーに分かれています。丸かっこ内は推定のレベルです(調査PDF)。

  • アドバンスト300(大学卒業または社会人レベル)
  • ベーシック300(高校卒業レベル)
  • 前提英単語100(中学卒業レベル)
  • 略語70
  • 頭字語30

B. 英単語一覧

テキストに含まれる英単語が品詞別に一覧で表示され、頻出する英単語を確認できます。

【表示例】

オプション

オプションとして、一覧に表示させない(除外する)単語を指定できます。表示から除外するだけで、総ワード数には含まれます。

  • 機能語
    • 代名詞(heなど)、前置詞(inなど)、接続詞(andなど)、間投詞、冠詞(a、an、the)
  • アラビア数字:「5」、「1,200」など
  • 記号:「$」など
  • その他
    • 不明な品詞、不定詞のtoなど

注意

  • 「英単語」は辞書の見出し形(makingやmakesはmake)にまとめられます。また、すべて小文字に直して表示しています。
  • 「品詞」は自動処理で付与しているため、誤っている可能性があります。
  • 「出現回数」が多い順にソートされています。各列の見出しをクリックすると、その列でソートできます。
  • 「CEFR-Jレベル」は同じ英単語でも、品詞によって異なることがあります。
  • 「意味」はプログラミング必須英単語600+における意味です。主にプログラミング分野における意味であるため、異なる分野だと意味が違う可能性があります。
  • 句読点は語数のカウントから除外しています。

免責事項

  • 本ソフトウェアの動作の完全性は保証しません。
  • 使用により発生した損害や費用について提供者は責任を負いません。

ライセンス表示

spaCy

The MIT License (MIT)

Copyright (C) 2016-2022 ExplosionAI GmbH, 2016 spaCy GmbH, 2015 Matthew Honnibal

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the “Software”), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED “AS IS”, WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN
THE SOFTWARE.