利用規約(受験)

1. 適用

1-1. 本利用規約(以下「本規約」)には、本サービスの提供条件と、当社と受験チケット購入者または受験者との間の権利義務関係が定められています。本サービスの利用に際しては、本規約をお読みいただいた上で、本規約に同意していただく必要があります。

1-2. 当社が受験ウェブサイト上で掲載する本サービス利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。

1-3. 本規約の内容と、本規約外における本サービスとの説明とが異なる場合、本規約が優先して適用されるものとします。

2. 定義

2-1. 本規約において使用する用語は、以下の意味を持つものとします。

  • (1)「当社」とは、合同会社グローバリゼーションデザイン研究所を指します。
  • (2)「本サービス」とは、当社が運営する「プログラミング英語検定」を指します。
  • (3)「受験ウェブサイト」とは、ドメイン「progeigo.org」およびそのサブドメイン上で運営するプログラミング英語検定の受験用ウェブサイトを指します。
  • (4)「受験者」とは、受験ウェブサイトでプログラミング英語検定を実際に受験する人を指します。
  • (5)「受験チケット」とは、受験ウェブサイト上で受験時に入力する、英数字および記号で構成されるIDを指します。
  • (6)「受験チケット購入者」とは、受験チケットの購入者を指します。受験者と必ずしも同一人物とは限りません。
  • (7)「個人受験」とは、受験者個人が申し込んで受験する場合を指します。
  • (8)「団体受験」とは、学校や企業などの団体が申し込み、その団体の管理の下で複数の受験者が受験する場合を指します。

<申し込み時>

3. 受験種別

3-1. 個人受験では、受験ウェブサイトにおいて受験者(またはその代理人)が受験チケットを購入し、受験者がその受験チケットIDを受験ウェブサイト上で入力して受験を開始します。

3-2. 団体受験では、団体受験申し込み責任者が別途定める方法で受験チケットを購入し、受験者がその受験チケットIDを受験ウェブサイト上で入力して受験を開始します。

4. 受験条件

4-1. 受験資格

4-1-1. 受験に当たって、年齢、職業、学歴などは問いません。

4-1-2. ただし以下に該当する場合、当社は受験を拒否できるものとします。

  • (1)過去に第7条に定める禁止事項を行った場合
  • (2)その他当社が不適当と判断した場合

4-2. 受験環境

4-2-1. 受験者は、受験者の責任において以下の受験環境を用意するものとします。

  • (1)安定的にインターネット接続できる通信環境
  • (2)受験結果通知などを受け取る電子メールアドレス

4-2-2. 受験者側の環境でシステム障害が発生して受験が不可能な場合または中断した場合、当社は責任を負わないものとします。受験チケットの再発行、有効期限延長、払い戻しなどもできません。

4-3. 受験日

4-3-1. 受験者は、受験チケットの有効期限内に受験するものとします。

4-3-2. 前項にかかわらず、第11条に定めるように当社側でシステム障害や中断が発生した場合、または当社が必要と認める場合に有効期限が延長されるものとします。

5. 受験チケット

5-1. 受験チケットは電子的なチケットであり、英数字および記号で構成されるID(受験チケットID)です。

5-2. 個人受験の場合は受験ウェブサイトで受験者本人(またはその代理人)が、団体受験の場合は団体が購入するものとします。

5-3. 受験チケットの有効期限は1か月(30日)とします。ただし当社との間で特別の取り決めがある場合はこの限りではありません。

5-4. 一度購入された受験チケットは返金できません。また別の試験への充当や振り替えもできません。ただし第11条および第12条に該当する場合はこの限りではありません。

5-5. 未成年者は保護者の同意を得て受験チケットを購入するものとします。また購入をもってそのような同意があったとみなします。

5-6. 当社は、受験チケットが購入されたら速やかに購入者が入力したメールアドレスに送付するものとします。

5-7. 受験ウェブサイト上における個人受験の受験チケットは、以下の事業者が提供する手段で決済します。なおクレジットカード番号を当社で保管することはありません。

  • (1)PayPal Pte. Ltd.
  • (2)Stripe, Inc.(クレジットカード)

<受験時および受験後>

6. 受験登録

6-1. 個人受験の受験者は、受験ウェブサイトに名前、電子メールアドレス、および受験チケットのIDを入力して受験登録をします。

6-1-1. 名前は、受験者本人を示す名前とします。また受験後に名前を変更することはできません。

6-1-2. 電子メールアドレスは、確実に受験者に届くものを入力するものとします。この電子メールアドレスに当社が通知した場合、受験者は通知を受け取ったものとみなします。

6-1-3. 受験チケットのIDは1度しか使用できず、受験登録後に無効になるものとします。

6-2. 当社が必要と考える場合は、上記6-1に挙げる以外の情報の入力を求められるものとします。

7. 禁止事項

7-1. 受験中には以下の事項を禁止します。

  • (1)受験登録した名前の者以外による受験(いわゆる替え玉受験)または助言
  • (2)解答の参考となる資料(辞書など)やソフトウェア(機械翻訳システムなど)などの利用
  • (3)受験ウェブサイトを動画または画像で撮影すること
  • (4)その他当社が不適切と判断する行為

7-2. 受験中および受験後には以下の事項を禁止します。

  • (1)本サービスの試験問題および解答の全部または一部を他者と共有すること
  • (2)本サービスの試験問題および解答の全部または一部をインターネット上(会員制SNSなども含む)に掲載または公開すること
  • (3)その他当社が不適切と判断する行為

7-3. 上記7-1および7-2にかかわらず、当社によって別途許可されている場合はこの限りではありません。

7-4. 当社は禁止事項を行った者について、受験結果の取り消しや以降の受験を拒否する措置を取ることができるものとします。

8. 受験時の注意事項

8-1. 受験者は、別途定められた制限時間内に解答を終わらせて提出するものとします。制限時間が超過した場合、解答した部分までが自動的に提出されます。

8-2. やむを得ない場合に受験中の一時退席を可能としますが、制限時間の延長はしないものとします。

9. 当社側システム障害による受験不可時の対応

9-1. 当社は受験ウェブサイトでのシステム障害防止に最善を尽くしますが、問題が発生しうる点について受験者は了承するものとします。

9-2. 当社側でのシステム障害で受験が完了できなかった場合、当社は受験チケット再発行による再受験などの対応を取るものとします。

9-3. 当社側でのシステム障害で受験が開始できなかった場合、当社は受験チケットの有効期限延長などの対応を取るものとします。

10. 受験結果通知

10-1. 個人受験の場合、当社は以下のいずれかまたは両方の方法で受験者に、受験結果の通知および該当する場合は合格証の送付をするものとします。

  • (1)受験者が登録したアドレスへの電子メール送信
  • (2)受験ウェブサイト上での表示

10-2. 団体受験の場合、団体受験申し込み責任者と合意した方法により、受験者に対して、受験結果の通知および該当する場合は合格証の送付をするものとします。

10-2-1. 団体受験申し込み責任者との合意により、団体受験申し込み責任者に受験者全員の結果を通知できるものとします。

10-3. 受験者によるメールアドレス誤入力など、受験者側または団体受験申し込み責任者側の事由で結果通知が届かない場合、当社は責任を負わないものとします。

<一般条項>

11. 本サービスの中断

11-1. 当社は以下に該当する場合、本サービスを中断できるものとします。

  • (1)本サービスのシステムで定期または緊急の保守が必要な場合
  • (2)連携している試験システムや決済システムなどが停止また終了した場合
  • (3)その他本サービスの中断を必要と当社が判断した場合

11-2. サービスの中断が24時間を超える場合、未使用の受験チケットについて、当社は有効期限を中断した日数分延長するものとします。

11-3. サービスの中断が30日間を超える場合、未使用の受験チケットの払い戻しを希望する受験チケット購入者に対し、払い戻しをするものとします。

12. 本サービスの内容変更および提供終了

12-1. 当社は、当社の都合により、本サービスの内容変更または提供終了ができるものとします。

12-2. 本サービスの提供終了をする場合、当社は事前の予告をするものとします。

12-2-1. 本サービスの提供終了時点で、有効期限内である未使用の受験チケットについては、受験チケット購入者からの要請で払い戻しするものとします。

13. 本規約の変更

当社は、当社が必要と認めた場合に本規約を変更できるものとします。

14. 損害賠償

当社が責任を負うべき事由で受験者に損害が発生した場合、当社は支払われた受験料を上限として損害賠償責任を負います。ただし当社の故意または重過失が原因の場合はこの限りではありません。

15. 著作権

本サービスに関する著作権は当社に帰属します。ただし問題文中で利用されている著作物の権利はその著作権者に帰属します。

16. 準拠法および管轄裁判所

16-1. 本規約の準拠法は日本法とします。

16-2. 本規約および本サービスに関連する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

17. 個人情報の取り扱い

別途定める「プライバシーポリシー」をご覧ください。


制定日:2020年6月15日

合同会社グローバリゼーションデザイン研究所
プログラミング英語検定事務局