予約語で覚える英単語:except、exit、explicit、export、extends、extern

プログラミングをしていて必ず目にするのが予約語やキーワードです。そういった予約語やキーワードから英単語を覚えてみましょう。記事の英語難易度は「初〜中級」です。

今回はEで始まる単語の2回目で、exceptやexitなどを取り上げます。

except

同じスペルで「except」(〜を除く)という前置詞がありますが、この予約語を使うPython言語では「exception」の省略だと考えられます。

exceptionは「例外」という名詞で、プログラミング必須英単語600+でベーシック300の英単語です。なお前置詞のexcept(〜を除く)もベーシック300の英単語です。

Pythonでexceptはtryと一緒に使い、例外処理を記述します。下記サンプルでは、ゼロで除算がされると例外が発生してexcept部分が実行されます。

サンプル(Python)

n1 = 8
n2 = 0

try: 
    ans = n1 / n2
    print('答え:' + str(ans))
except ZeroDivisionError: 
    print('ゼロで除算されました。')

使うプログラミング言語の例

Python

exit

exitはそのまま「exit」です。「終了する」という動詞で、プログラミング必須英単語600+でベーシック300の英単語です。なお、名詞としては「出口」の意味もあります。

「終了する」という意味の類義語に、finish(前提英単語100)やterminate(アドバンスト300)があります。

PHPで「exit」はプログラムを終了するのに使われます。引数にメッセージを指定すると、そのメッセージが表示されて終了します。

サンプル(PHP)

exit("終了しました。");

使うプログラミング言語の例

PHP

explicit

explicitもそのままexplicitで、「明示的な」という形容詞です。一般英語では「明白な、はっきりした、露骨な」の意味もあります。

対義語はimplicitで、「暗黙的な」という意味です。

C#では明示的な型変換の場面で用いられます。サンプルの下線部分です。なおC#ではimplicitもキーワードです。

サンプル(C#)

public static implicit operator byte(Digit d) => d.digit;
public static explicit operator Digit(byte b) => new Digit(b);

(出典:https://learn.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/language-reference/operators/user-defined-conversion-operators、2023-12-12参照)

使うプログラミング言語の例

C#

export

exportもやはりexportです。「エクスポートする」という動詞、または「エクスポート」という名詞で、ベーシック300です。一般英語としては「輸出する」や「輸出」の意味があります。

また対義語はimportで、動詞は「インポートする」、名詞は「インポート」です。やはりベーシック300に入っています。

JavaScriptでは、何らかの値のエクスポートで使われます。エクスポートした値は別のスクリプトでインポートして使います。下記サンプルでは、上半分のモジュール(スクリプト)で「cube」という関数をエクスポートし、下半分のスクリプトでインポートしています。

サンプル(JavaScript)

// module "my-module.js"

export default function cube(x) {
  return x * x * x;
}
import cube from "./my-module.js";
console.log(cube(3)); // 27

(出典:https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/JavaScript/Reference/Statements/export、2023-12-12参照)

使うプログラミング言語の例

JavaScript

extends

extendsは「extend」のことで、「拡張する」という動詞です。アドバンスト300に入っている英単語です。

オブジェクト指向プログラミングでは、クラスを「継承」する際に使われます。下記のJava言語のサンプルでは、「Bicycle」という親クラスを継承し、子クラス「MountainBike」を定義しています。

サンプル(Java)

public class MountainBike extends Bicycle {
        
    // the MountainBike subclass adds one field
    public int seatHeight;

<後略>

(出典:https://docs.oracle.com/javase/tutorial/java/IandI/subclasses.html、2023-12-12参照)

使うプログラミング言語の例

Java、JavaScript、PHP

extern

externは「external」のことです。externalは「外部の」という形容詞で、アドバンスト300の英単語です。

なお対義語はinternalで「内部の」という形容詞です。やはりアドバンスト300に入っています。

externはC#のキーワードで、外部の関数やメソッドを用いる際に使われます。サンプルでは、外部の「avifil32.dll」にある「AVIFileInit()」を宣言しています。

サンプル(C#)

[DllImport("avifil32.dll")]
private static extern void AVIFileInit();

(出典:https://learn.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/language-reference/keywords/extern、2023-12-12参照)

使うプログラミング言語の例

C#

英単語まとめ

  • exception【名詞】例外
    • ベーシック300
    • except(〜を除く)もベーシック300
  • exit【動詞】終了する
    • ベーシック300
    • 「終了する」という類義語にfinish(前提英単語100)やterminate(アドバンスト300)
  • explicit【形容詞】明示的な
    • 対義語はimplicit(暗黙的な)
  • export【動詞】エクスポートする、【名詞】エクスポート
    • ベーシック300
    • 対義語はimport(インポートする、インポート)
  • extend【動詞】拡張する
    • アドバンスト300
  • external【形容詞】外部の
    • アドバンスト300
    • 対義語はinternal(内部の)。同じくアドバンスト300

[筆者紹介]

西野 竜太郎

Ryutaro Nishino

翻訳者/情報技術者/IT英語専門家

訳書に『血と汗とピクセル』、『リセットを押せ』、著書に『アプリケーションをつくる英語』(第4回ブクログ大賞)、『ITエンジニアのための英語リーディング』、『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』、『アプリ翻訳実践入門』など。
産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)、東京工業大学大学院博士課程単位取得(専門は言語学)。TOEIC 985点。応用情報技術者、情報処理安全確保支援士試験合格。
東京通信大学外部講師。

リンク:ウェブサイトTwitter

Profile Picture