英文スタイルガイド解説(12):UI要素の書き方3

本記事は「プログラミング英語検定ニュースレター #12」(2020年10月30日発行)からの一部抜粋です。同ニュースレターでは、検定のクーポン情報や英語解説などを定期的に発信しています。登録はこちらから。

Googleが公開している開発者向け英文スタイルガイドから項目を1つ取り上げて紹介します。スタイルガイドは基本的には書く際に利用されますが、読む際にも参考になります。

UI要素の書き方3

URL:https://developers.google.com/style/ui-elements#ui-terms (2020-10-29閲覧)

開発者であれば、ちょっとした操作説明を英語で書く機会があります。今回は、操作説明におけるUI要素の書き方の3回目です(第1回2回)。なお英語例文はGoogleのものです。

テキスト・ボックス(text box)

ユーザーが入力できるUIです。それ自体は「text box」ですが、例文のように「the ◯◯ box」と表現するとしています。動詞は「enter」(入力する)がよく用いられます。

  • ◯: In the Owner box, enter your name.

リスト・ボックス(list box)

項目をリストで表示するUIです。ドロップダウン式の場合、「the ◯◯ drop-down list」と表現するとしています。この場合の動詞は「select」(選択する)です。

  • ◯: In the Item drop-down list, select Desktop.

コンボ・ボックス(combo box)

テキスト・ボックスとリスト・ボックスが組み合わさったUIです。「the ◯◯ box」と表現します。動詞は「type or select」または「enter」を使うとしています。なおtypeは「(キーボードで)入力する」という意味です。名詞の「型」や「タイプ」ではないので注意しましょう。

  • ◯:  In the Font box, type or select the font you want to use.

チェックボックス(checkbox)

チェックボックスは「checkbox」と1語であり、「check box」と2語ではない点に注意してください。

また、チェックボックスにチェックを入れる(オンにする)と表現する場合、動詞は「check」よりも「select」を使うとしています。またオフにするのは「clear」という動詞を使います。

  • ◯: Select the Automatically check for updates checkbox.
  • ◯: Clear the Bookmarks checkbox.

なお、オフでは「deselect」や「uncheck」という動詞も候補になりますが、これらも使わないとしています。

ラジオボタン(radio button)

ラジオボタンの選択肢を表現する場合、例文のようにラベルをそのまま書くとしています(「the ◯◯ radio button」のようにはしない)。

  • ◯: Click Do not remember passwords.

トグル(toggle)

オンとオフを切り替えるUIです。toggleという英単語は名詞としてUI自体を指しますが、「切り替える」という動詞でもあります。以下の1つ目の例文が動詞、2つ目が名詞です。

  • ◯: You can toggle Magic Mode in the Settings window.
  • ◯: To enable, click the Wi-Fi toggle.

(ライセンス表示: Portions of this page are modifications based on work created and shared by Google and used according to terms described in the Creative Commons 4.0 Attribution License.)


[筆者について]
西野竜太郎。IT分野の英語翻訳者/リンギスト。訳書に「血と汗とピクセル」、著書に「アプリケーションをつくる英語」(第4回ブクログ大賞)、「ITエンジニアのための英語リーディング」、「ソフトウェア・グローバリゼーション入門」、「アプリ翻訳実践入門」など。ブログTwitter